柿沼さん
柿沼さん

今、スタジオに通う子供たちは、"柿沼さん"と私を呼んでいる。

以前、NHKのE-テレの書の長期にわたる連続講座で講師を務めたことがある。

その際、第一回目の放送の中、パフォーマンス直後の興奮の中、思わず言ってしまったことがカットされずにそのままオンエアされた。

共演者:「あの〜、何と呼べばよろしいでしょうか? 柿沼先生でしょうか?」

柿沼: 「いやいや、柿沼さんでもカキさんでも何でもいいですよ。お願いですから先生はやめましょう〜 先生って呼ばれているやつにろくな人いないと思っているんで、、、」

当然、局の方にも私の方にもクレームの雨嵐。

途中ドロップアウトしたものの両親とも元小中校の教諭、自分も高校で教鞭を取っていたこともあり、育った環境や自己の経験から出た自分なりの言葉だ。今となると、若気の至り、言い過ぎ感は認めている。

いわゆる世間一般の”先生”、そのイメージにハマらないように生きてきたし、これからもその考えは変わらないだろう。

‘教育’という言葉、’教える’’先生’という意味や概念に対し、疑問や抵抗感がいつになってもなくならない。

誰が、いつから、書や書道をやる人を”先生”と呼ぶようになったのか知らないが、私に関しては「さん」以上でも以下でもない。

先に生まれただけでは格好つかないし、内容が伴っていなければ美しくも何ともない。
BLOG 一覧へ戻る 旧BLOG 「第四話 柿沼康二とKOJI KAKINUMA」

桂扇さん

2024/4/16 火曜日

矢沢のタオル

2024/3/10 日曜日

ゴールからパスへ

2024/3/1 金曜日

3回食べてわかる味

2024/2/17 土曜日

いい仕事をしよう!

2024/2/14 水曜日

LIVE盤フェチ

2024/2/1 木曜日

白を描く

2024/1/18 木曜日

2023/12/18 月曜日

アートの壁 あれ

2023/12/14 木曜日

アートの壁

2023/12/14 木曜日

柿沼さん

2023/12/11 月曜日

自分に合っていること

2023/12/10 日曜日

KKコード: 呼吸248

2023/12/6 水曜日

曇り空の音色

2023/12/2 土曜日

ランニング

2023/10/30 月曜日

座卓と正座

2023/10/10 火曜日

自力

2023/10/4 水曜日

仕事の上手下手

2023/10/1 日曜日

教育ってなんだ?

2023/9/12 火曜日

「宇宙」

2023/9/5 火曜日

メンタル年齢の設定

2023/9/4 月曜日

「 蓮 」

2023/9/3 日曜日

やるか否か?

2023/9/2 土曜日

やっかいな新表現

2023/8/10 木曜日

あした?

2023/8/1 火曜日

「言葉」

2023/7/26 水曜日

2023/7/20 木曜日

「明日」-EC Collection SS/23-

2023/7/13 木曜日

訃報

2019/12/6 金曜日