座卓と正座

 

座卓と正座

 

大きい作品を除き、普段私は座卓と正座で文字を書く。

 

テーブルと椅子で書道という発想がない。

 

テーブルでは全く気持ちが整わないのだ。

 

気持ちだけでなく姿勢も整わなくなってくる。

 

姿勢が整わないから心も整わないとも言える。

 

本気 集中 書 臨書 正座 何の矛盾もなくこうなる。

 

椅子とテーブルで書いたら何か変わるかもしれないと若いころ試してみた時期もあったが、椅子の安易感から自分が求める集中力が求められず1ヶ月も経たずに断念した。

 

父の胡座スタイルも重心の低さという点では似た感じはしたものの私にはどうも合わなかった。

 

外部で撮影する企画の時にも当然、普段使っている自分の座卓を持ち込む。それが私にとっての本気だからだ。

 

床から〇〇cmの高さにカスタマイズした臨書用の机。

 

この”高さ”と”正座”が自分にとって表現上、極めて重要。

 

失敗を重ねた何十年もの経験、何よりも自分の背丈、腕や指の長さ、筋力等々から導き出された床からの高さ、そして正座というスタイル。

 

私がもっとも私になれる姿勢、そして表現に手を当てる位置。

 

いま ここ

 

 

BLOG 一覧へ戻る 旧BLOG 「第四話 柿沼康二とKOJI KAKINUMA」

桂扇さん

2024/4/16 火曜日

矢沢のタオル

2024/3/10 日曜日

ゴールからパスへ

2024/3/1 金曜日

3回食べてわかる味

2024/2/17 土曜日

いい仕事をしよう!

2024/2/14 水曜日

LIVE盤フェチ

2024/2/1 木曜日

白を描く

2024/1/18 木曜日

2023/12/18 月曜日

アートの壁 あれ

2023/12/14 木曜日

アートの壁

2023/12/14 木曜日

柿沼さん

2023/12/11 月曜日

自分に合っていること

2023/12/10 日曜日

KKコード: 呼吸248

2023/12/6 水曜日

曇り空の音色

2023/12/2 土曜日

ランニング

2023/10/30 月曜日

座卓と正座

2023/10/10 火曜日

自力

2023/10/4 水曜日

仕事の上手下手

2023/10/1 日曜日

教育ってなんだ?

2023/9/12 火曜日

「宇宙」

2023/9/5 火曜日

メンタル年齢の設定

2023/9/4 月曜日

「 蓮 」

2023/9/3 日曜日

やるか否か?

2023/9/2 土曜日

やっかいな新表現

2023/8/10 木曜日

あした?

2023/8/1 火曜日

「言葉」

2023/7/26 水曜日

2023/7/20 木曜日

「明日」-EC Collection SS/23-

2023/7/13 木曜日

訃報

2019/12/6 金曜日